SELF-INVESTMENT

【完全無料】学生がグッドポイント診断をやってみた!結果は?

2020年11月25日

男女が力こぶを作る

悩む学生
自分は将来何になりたいのか、自分の強みとかが分からない。 グッドポイント診断っていうのを聞いたことあるけどどんなツールかな。 自己分析してどうするの?

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • グッドポイント診断とは?
  • グッドポイント診断をするメリットやデメリットを解説
  • 学生が自己分析をする意味

意識の高いというか、将来について考えている学生なら自己分析してみようかなと考えている人もいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、グッドポイント診断は無料で自己分析できるし、して損はないのでぜひ一度やってみましょう

 

\あなたの強みを知るチャンス/

リクナビNEXTに会員登録する

簡単無料の自己分析!

 

将来何がしたいとか、自分にどんな仕事が向いてるのか分からない人にはとくにおすすめです。

 

高校生でもどんな大学に進学したらいいか分かるはずです。
行きたい大学が分からない人がすべき3ステップ【簡単です】

 

この記事をみれば、グッドポイント診断とはなにかも分かるし、あなたが自己分析をしてどう行動すればいいのか分かりますよ。

 

グッドポイント診断とは

グッドポイント診断はリクナビNEXTに会員登録することで受けられる、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かした無料サービスの一つです。

 

グッドポイント診断では300問近い質問に答えることで、あなたの強みや職業適性を教えてくれます

 

強みというのはリクナビNEXTが決めた18種類の強みの中から5種類をピックアップしてくれます。
診断結果はなんと8586通り。

 

そしてこの診断結果が良く当たると評判です。

 

あとで述べますが自分もびっくりするくらい当たってました。
リットン

 

もちろん、自分が分かっている強みしか出ないなら診断する意味も薄れそうですが、新しい自分の強みにも気づかせてくれます。

 

無料にしては優秀すぎますね。

グッドポイント診断の仕方

リクナビNEXTからメールアドレスを入力して、会員登録してグッドポイント診断をクリックしてスタートしてください。

めっちゃ簡単ですよ
リットン

質問が出てきますが、あまり深く考えず直感で答えていってください。

300問ほど答えたら診断結果が出てきます。

実際のグッドポイント診断の結果

実際の僕のグッドポイント診断の結果です。

上に来ているものほど自分の強みになっています。

独創性

これは自覚なかったのですが、よく考えたらブログなんかまさにそうですね。このまま平凡じゃ嫌だと思って、ノリと勢いで始めました。

悠然

どの分野でも結果出すにはまず3年くらいは必要かなといつも思ってます。

継続力

僕は自分の中では、これが一番に来るかなと思ってましたがそうではなかったみたいですね。ただ悠然と似ている部分もあるので、当たっていると言えます。

挑戦心

僕は基本目標がやたら高く友達には鼻で笑われることもしばしば。やるからにはトップを目指す気持ちは昔から強いです。

親密性

親密性も当たってて、僕は大学に友達が極端に少ないです。

 

こんな感じで僕に至っては、ほぼ当たっていましたので、あなたもかすりもしないということはないと思います。

その上、僕の『独創性』のように、気づかなかった強みも気づかせてくれると思います

グッドポイント診断のデメリット

グッドポイント診断のデメリットは思いつく限りはこんな感じ。

  • その①:時間が多少かかる
  • その②:弱みが分からない
  • その③:診断は基本1回しかできない
  • その④:他の自己分析をやっていると効果が薄い
  • その⑤:有料の自己分析ツールにはかなわない

順にみていきましょう。

その①:時間が多少かかる

質問の数が300問近くあるため答えるのに20分くらいは必要になっています。

 

登録も含めたら30分くらいですかね。
リットン

 

ただ、これはあなたを正確に診断するために必要な時間なので、暇な時にやれば解決できます。

その②:弱みは分からない

基本的にグッドポイント診断なので、あなたの弱みはほとんど分かりません

 

面接や自己分析において、あなたの弱みまで把握してるのがベストと言えるでしょう。

 

なので、バッドポイント診断もあれば、最強の自己分析ツールになっていたかもしれません。でも無料ならとりあえずグッドポイント診断だけでも十分です。

 

その③:診断は基本1回しかできない

当然と言えば当然ですが、診断は基本1回しかできません

 

メールアドレスを一回目とは違うもので登録すれば複数回出来ますが、何回もやって結果が変わるようならあなたの強みではないです。

 

ただ、環境が変わって数年くらい経ってからやる分には自分の変化を感じれるかもしれません。

 

その④:他の自己分析をやっていると効果が薄い

もちろん世の中には無料の自己分析ツールはたくさんあります。

 

そうしたツールを使って既に自己分析を行っている人は、ただ自分の強みを再確認しただけで効果が薄いと感じるかもしれません。

その⑤:有料の自己分析ツールにはかなわない

有料の自己分析ツールほどは診断結果は細かくないでしょう

 

有名なストレングスファインダーにはさすがに敵いません。こちらは、34の資質から5つをピックアップします。
そのうえ、それぞれの資質に適切な職場まで書いているという徹底ぶりです。

さすがに、グッドポイント診断では勝てませんが、まずは無料で気軽にしてみようって人はグッドポイント診断で十分です。

グッドポイント診断のメリット

デメリットに対して、メリットはこんな感じ。正直メリットの方が大きいかなと。

  • その①:自己肯定感が高まる
  • その②:自分の新しい可能性に気付ける
  • その③:診断結果に応じた求人が出てくる
  • その④:就活の際の自己PR文の参考になる
  • その⑤:企業応募時に添付することが出来る

その①:自己肯定感が高まる

当たり前ですが、自己肯定感が高まります

 

普段生きていて、自分の強みを知るなんて、自分で考えるか、友人から聞くかですが、自分で考えるのはぼんやりしているし、友人がそれほど細かく言ってくれるとは思えません。

 

それをグッドポイント診断を使えば、明確にあなたの強みを教えてくれます。そのおかげで自分に自信が持てるはずです。

 

僕自身、診断結果を見て絶対将来成功するじゃんって思いましたね。笑
リットン

その②:自分の新しい可能性に気付ける

先ほどちらっと言ったように、自分ではそれほど強く意識したことがないような特徴もあててくれます

 

僕に関して、独創性はさほど意識していなかったのですが、言われてみて確かに周りと違うことしてきたし、これからもしてみたいと思ってます。

 

このように、自分では気づかなかった自分の可能性を気づかせてくれるはずです。

 

学生の内に自分の隠れた強みを知れるのは損なはずありません。

 

その③:診断結果に応じた求人が出てくる

グッドポイント診断を終えるとこのように、あなたの強みに応じた求人広告が出てきます。

僕の場合、理系ですがいつも出てくるのは成果を上げれば報酬も増えるタイプの営業職ですね。

 

これも、以前は全く考えてなかったので新な発見の1つです。

 

のちほど紹介しますが、実際に企業にインターンに行って本当にあってるのか確認するのがいいかと思います。

その④:自己PR文の参考になる

想像してください。

『僕は継続力があります。』

 

『僕は長期にわたって決めたことを守りながらきちんと取り組むのが得意です』

どっちが説得力ありそうですかね。

 

おそらく後者でしょう。

 

このように、診断結果はそのまま自己PR文に利用できるので、自分の強みにもっと具体性を持たせるのに役に立ちます。

その⑤:企業応募時に添付することが出来る

グッドポイント診断の結果は、リクナビNEXTに登録している企業に応募時に添付できます。

 

面接前に人事に読んでもらうことが可能なので、面接のときにスムーズにあなたのことを把握してもらえるのです。

 

実際に8割以上の方が企業に添付しています。

自己分析の結果を活用する方法

ひらめいた女性

グッドポイント診断で自己分析して、はい終わり。では意味がありません。

 

せっかく自己分析したのですから、結果を活かしてインターンなどに参加するのがいいでしょう。

 

インターン生を募集しているWantedly というサイト(アプリ)はかなりおすすめです。

 

とくに

  • 将来起業したい
  • プログラミングのスキルを磨きたい
  • 営業の仕事を体験してみたい

などの人はぴったりなインターンが見つかります。

 

実際にぼくも登録していて、長期休みにインターンに行くつもりです。
リットン

 

少し厳しい話をすると自己分析そのものにはそれほど意味はなく、活かさなければ単なる時間の浪費です。
それよりも自己分析の結果を見てどう行動できるかの方がよっぽど重要。

 

この記事を見て自己分析が終わればすぐに行動を起こしましょう。

結論:グッドポイント診断はやって損はない

このように、グッドポイント診断はいくつかデメリットもあるものの、少なくとも自己分析をしたことが無い人はこの機会に1度やってみましょう。

 

特に、学生で将来なにしようとか、何が自分に向いているか分かんない人はグッドポイント診断で少しは明らかになるはずです。

 

少なくとも自分は診断のおかげで進路が決まりつつあります。
リットン

 

リクナビNEXT自体は転職サイトと思われがちですが、むしろ学生こそ早めに登録して将来のために活動を始めましょう。無料ですし暇なら特にやらない手はないと思います。

 

\簡単無料の会員登録はこちら/

リクナビNEXTに会員登録する


今回は以上です。ありがとうございました。

 

関連記事【すぐに実践せよ】大学生におすすめの長期休みの過ごし方

関連記事大学生がブログをするメリット【結論】ブログは人生を2倍幸せにする

-SELF-INVESTMENT

Copyright © Lytton Blog