LIFE UNIVERSITY

大学生に友達はいらない?【結論:自分の時間を大切にせよ】

悩む学生
コロナで大学にも行けなくて友達が出来るか不安だな。そもそも、大学って友達いるのかな?あまり多いとしんどそうだけど、友達がいないのもちょっと格好悪そうだしどうすればいいかな?

今回はこんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 大学で友達がいないメリット・デメリット
  • いい友達の作り方

コロナのせいで大学に行けず、大学の友達が全くいないという学生は多いと思います。

 

実際、僕の大学の一部の学部では大学が始まってもう半年以上たってるのに、2回しか行ってない学部もあるようです。

 

今回は、大学で友達がいないととどうなるのか、現役大学生の僕が解説します。

 

ちなみに僕はサークルにも部活にも入ってないし、友達も少ないですが楽しめています

 

この記事を見たら、大学で友達がいない悩みも解決されるはずです。

大学で友達がいないデメリット

大学で友達がいないデメリットは思いつく限りでこんな感じ。

  • 情報が回ってこない
  • みんなでする誤楽は味わえない
  • コミュ力が欠如する
  • 就活にやや不利

 

情報が回ってこない

大学で友達がいないことの最大のデメリットです。

 

大学の授業は急に休講になることもあります。友達がいると、自分がうっかりしてても誰かが気づいて教えてくれることがあるのです。

 

こんな時に、友達がいない人は実際に教室まで行っちゃうなんてこともあります。

 

また、授業の課題を協力して解けないのもぶっちゃけしんどいです。
特に、コロナでオンライン授業の場合、課題はみんなで連絡を取り合ってやりながらするとめっちゃ楽です。

 

あとは、過去問がもらえないのも辛いです。大学のテストは過去問があるかないかで乗り切りやすさが全く違います。

 

こちらでも過去問の重要性を語ってますので、参考にしてください。

CHECK!!

 

みんなでする娯楽は味わえない

多くの学生が経験する飲み会や合コン、それ以外にもスポーツなどは友達がいないとできません。

 

こうした経験は別になくても死にはしませんが、1度や2度は経験して損はないです。

 

まあ1人が好きな人は全く気にならないデメリットかもしれません。

 

コミュ力が欠如する

やはり友達がいないとコミュ力は間違いなく落ちます。

 

コミュ力ないと、恋人ができにくいし、後の話とも関係しますが、人にホウレンソウするのをためらって仕事面でも苦労するでしょう。

 

就活にやや不利

大学生の最後の難関である就活は友達がいないと苦戦するでしょう。まず面接で何を聞かれたか、企業に関する情報、なんで失敗したのかなどの情報共有が全くできません。

 

また、大学で友達がいないと面接の際のエピソードにも苦戦します。チームワークを発揮して問題解決した経験などがないのは企業的にもマイナスです。

 

確かに、すべての企業が協調性を最も重視している訳ではないですが、上司とのやり取りもできないのは会社で働くうえで致命的です。

 

さらに、そうしたコミュ力がないのを必死でカバーしてエントリーシートを書き、面接に向けて対策したのに落ちてしまうと、ショックは大きいでしょう。そんなときに友達がいないと精神面で励ましあえないのも辛いです。

 

以上が大学で友達がいないデメリットでした。

 

大学で友達がいないメリット

大学で友達がいないメリットはこんな感じです。

  • お金は減らない
  • 人間関係のストレスはない
  • 自由な時間が多い

 

お金は減らない

大学で友達がいないと飲み会や遊びなどに参加しないで済むのでお金が減ることはそこまでありません。

 

特にグループでいると長期休みに1回くらいは旅行に行くことになりますが、このとき数万円はなくなっていきますので、この出費がなくなるのは大きいです。

 

友達がいないと自分の趣味に好きなだけお金をかけれます。

 

人間関係のストレスはない

友達がいると確かに楽しいことも多いですが、やはり楽しいでだけではありません。

 

自分以外の行動はコントロールできないので、なんでそんなことするのみたいなこともしばしば。

 

他にも、友達の友達がやってきて喋りたくもないのに喋らないといけないシチュエーションも出てくると思います。
友達がいないとこうした人間関係のストレスは生まれる心配がありません。

 

自由な時間が多い

大学で友達がいない最大のメリットです。友達がいないと持ってる時間はすべてあなたのものです。

 

飲み会や遊び、旅行にも行かないのもそうですが、大学の授業の休み時間といった細かい時間も自由に使えます。自分の好きなことに没頭していいのです。

 

趣味や学問に時間を割くのもよし、将来のために動き出すのもよし。とにかく友達がいないと自由な時間が増えます。

 

友達はいらないのか?→最低限はいります

では、大学で友達が全くいらないかというとそれはNOです
やはり、友達が0だとさっき言ったようなデメリットが大きすぎます。

 

じゃあ何人くらいいればいいのか?

 

答えは3人いれば大学生活は不自由なく楽しめます

 

ただし、友達を作る際は以下のポイントを抑えるとベストでしょう。

  • 先輩がいる
  • ギブアンドテイクの関係
  • 1人の時間に対する理解がある

先輩がいる

特に同じ学科の先輩とつながりのある人を選びましょう。

 

先ほども言ったように、過去問があるかないかで、テストの難易度は大幅に変わります。

 

自分の時間を増やしたいなら効率よく勉強するのも大切です。

 

単位を落として留年なんてしたら元も子もないです。ここは先輩がいる友達から過去問を貰いましょう。

ギブアンドテイクの関係

ギブアンドテイクの関係もめちゃくちゃ大事です。いつも友達に教えるだけだと自分の時間は減ります

 

これは実際の経験なので間違いないです。
あまりにも勉強ができないor授業を聞いてない人間はいつもレポートの締め切りやテスト直前になって教えてくれと連絡してきます。

 

ぶっちゃけ搾取されるだけはしんどいです。ある程度、自分も聞けたり有益な情報を貰えるような人を選びましょう。

1人の時間に対する理解がある

大学生活を有意義にするのは間違いなく自分に使える自由な時間を増やすことです。僕はこの点ですごくうまくいきました。友達は遊びにも飲み会も強制しないので自分の時間は十分作れてます。

 

1人の時間に対する理解がある人と付き合うのはめちゃくちゃ大事です。

 

1人の時間に何をする?→自己投資です

じゃあ友達がいない人は1人の時間になにをするか?

 

先ほど言ったように、趣味に没頭するのもよし、学問に没頭するのもよしです。

 

ただこれだけだともったいないので将来に対する自己投資を始めましょう。具体的には以下の通り。

  • 読書や英語学習をする
  • 就職に向けて動く
  • お金を自分で稼いでみる

 

読書や英語学習をする

自分の専門以外にも読書と英語学習は時間を割いてほしいです。

 

読書は本当言うと大学生とか関係なく、ぜひ取り組んでほしいです

 

ある一冊との出会いが世界を変えてくれることは本当にあります。

 

僕も大学生になる以前は本なんて読んできませんでした。

 

しかし、大学生になってから時間に少し余裕ができ読書し始めるようになってからもっと読んでおけばよかったと後悔しています。

 

ジャンルは問いませんが、あまり本を読んだことのない方なら、まずは自分の好きなスポーツ選手の書いた本や、実写化された小説なんかから始めてみるといいかもしれません。

 

本に読み慣れてきたら自己啓発本を読むと人生変わることがあるのでおすすめです。

 

1,000円前後払うだけで人生変わるなら安いと思いますよ

 

ここでは最近自分が読んでいる本を紹介しておきます。

 

英語学習も必須ですね。有名な話ですが、楽天の社員のTOEICスコアの平均は800超えてます。それだけ、重要になっているということでしょう。

 

誰もが楽天に入りたいわけではないでしょうが、英語がこれからあらゆる場面であなたの選択肢を広げてくれるのは間違いないです

 

 

就職に向けて動く

就職に向けて動くのも大切です。まず、自分はどんな仕事に就きたいのか、どんな仕事に向いてるのかを考えましょう。

 

早めの段階で知り、それに沿ったインターンを経験しましょう。もし今の時点で何がしたいとか何に向いてるかが一切分からない人はこちらの記事を読んで、グッドポイント診断をやってみましょう。

CHECK!!

男女が力こぶを作る
【完全無料】学生がグッドポイント診断をやってみた!結果は?

続きを見る

そうすれば、自分の気づかなかった強みや新しい可能性に気付けるはずです。

 

僕はグッドポイント診断のおかげで、もしかしたら理系就職は向いてないんじゃないかという気付きを得れました。

 

お金を自分で稼いでみる

大学にいる間にバイト以外でお金を稼ぐ努力をするのも間違いなく有意義な経験です。

このブログもその1つですね!
リットン

 

他にも、マーケティングやweb系やプログラミングによる案件の獲得など、自分でお金を生み出す方法を身につけましょう。

 

これはなぜ有意義なのかというと企業でやっていることを自分で経験しているため、就活で他の大学生と圧倒的な差を生み出せます。

 

例えばブログなら、必要とされる情報は何かリサーチします。その後、他の人では提供できない情報を自分の経験を活かして提供し、それに沿った商品を宣伝するための記事を書きます。大変ですが間違いなく将来に役に立つでしょう。

 

ブログは、大学のレポート課題にも役に立ちますよ!
リットン

 

以上が1人の時間にするべきおすすめの自己投資でした。

大学生活で友達はいらないわけではない

先ほど言ったように、やはり0人だとデメリットが大きすぎます

 

かと言って友達が多すぎても、いらないことに時間やお金を使うだけではなく、よっ友みたいなのと付き合うことになりストレスが溜まります。

 

なので、以下のポイントを踏まえ、3人ほどは友達を作りましょう。

3つのポイント

  • 先輩がいる
  • ギブアンドテイクの関係
  • 1人の時間に対する理解がある

 

最後にこの記事を読んでくれた方の学生生活がより良いものになるように願っています。

 

では今回は以上です。

-LIFE, UNIVERSITY

Copyright © Lytton Blog